北部ハイブッシュ(11種類)
→品種別紹介
収穫期:6~7月 スパルタン、プル、ヌイ、ブルーレカ、デューク、ブリジッタ、レイトブルー、、チャンドラー、ブルーレイ、レガシー、エリザベス、チャンドラー 本数:300本
南部ハイブッシュ(12種類)
→品種別紹介
収穫期:6~7月 オニール、ミスティー、シャープブルー、ミレニア、バルメット、フロリダスター、サミット、ジュエル、ニューハノーバー、ピンクレモネード、ガルフコースト、マグノリア 本数:200本
ラビットアイ(17種類)
→品種別紹介
収穫期:7~8月 ブライトウェル、ラヒ、ブルーマル、パウダーブルー、プレミア、ベッキーブルー、ノビリス、ティフブルー、ハーモニー、バルドウィン、メンデイト、オクラッカニー、ホームベル、フクベリー,
ウィトー、グロリア、フェスティバル
本数:800本

ブルーベリーの旬(気候により変動します)

ブルーベリーの旬
上の図に基づき、各時期の特徴を解説しています。

オーナーおすすめ品種

6月

7月

8月

ブルーベリー

ブルーベリーはどんなフルーツ?

ブルーベリー

ブルーベリーの特性
ツツジ科に属する低木果樹。
野生種は熱帯山岳地帯から温帯、亜寒帯まで分布。
現在の栽培種はアメリカ北東部から南部フロリダの広範な地域で自生している数種類の野生種が改良されたもの。
日本でも徐々に人気は高まっているが、日常的なフルーツとなっている北米、欧州に比べると日本の需要・生産量とも極少量。
ブルーベリー=ジャムとイメージされる方が多いのですが、完熟した生果は本当に美味しく、ひとりでも多くの方に美味しいブルーベリーを味わっていただきたいと思っています。

オーナーブログ-ブルーベリーの魅力へ

ブルーベリーの効能

  • 視覚効果
  • 血管拡張、毛細血管保護
  • 抗がん、抗炎症作用
  • 抗酸化作用

ブルーベリーの品種

北部ハイブッシュ 主に寒冷地向けの品種。日本では長野・北関東以北が適地とされている。
香りと風味、酸味と甘味がが調和した優れた果実品質を誇る系統。
南部ハイブッシュ 暖地向け品種。日本では関東以西の太平洋側、及び西日本が適地とされている。
暖地での北部ハイブッシュの果実品質を実現させた比較的新しい系統。
ハーフハイブッシュ 極寒冷地向け品種。日本での栽培実績は少ない。
ラビットアイ 暖地向け品種。適地は南部ハイブッシュと同じ。
ハイブッシュ系に比べ土壌適用性、耐暑性、耐乾性に優れ強健で豊産な育てやすい品種。食味はハイブッシュ系に比べ甘味が強い。

ブルーベリーファームおかざきの栽培品種の特徴

当園では約30種類のブルーベリーを栽培しています。その品種別の特徴をまとめてみましたので参考までにご覧ください。

ブログで品種毎の詳しい紹介をしています。以下クリックください。

ノーザンハイブッシュ系(6~7月)

サザンハイブッシュ系(6~7月)

ラビットアイ系(7~8月)

ブルーベリー完熟果の見分け方

ブルーベリーは青くなってから5日ほどしないとおいしくありません。
完熟果の見分け方を3つのポイントに絞ってまとめてみましたので以下のファイルをご覧ください。
完熟果の見分け方.pdfファイル