6

ミスティサザンハイブッシュ

独特の食味と香りは最高ランク、但し気難しく育てにくい
収穫時期 6月中旬から7月上旬
果実サイズ
甘味レベル
酸味レベル
育てやすさ
収穫量
栽培開始時期 2010年
栽培本数 14本

【総評】

食味、食感、風味どれをとっても最高ランクの果実品質を誇る。かつてのハウス促成栽培の主力品種だが、生育が相当気難しく、最近では敬遠気味。新品種の台頭で存在感が薄れつつある。

 

【サイズ・美味しさ】

サイズは中粒からやや大粒程度。

美味しさは、多少クセがあると感じる人もいるかもしれないが、独特の味わいと香りで美味しい。果実はパリッとした食感で、硬いので日持ちするため果実品質も申し分ない。

 

【収穫量・育てやすさ】

収穫量は中程度からやや多い、という表現が適当なのか悩ましいところ。というのは、花芽の数が異常に多く、大半の花芽を落さなければならない。適正な収穫量という意味で「中程度からやや多い」とした。

育てやすさについては、注意点が多く、手を焼く。まず苗木の段階から枯れるものが目立つ。他の農園を見学したときに、ミスティが枯れているのをよく目にする。ただ生育環境がハマったものは、グングンと目を見張る生育を見せ、この辺は両極端だ。サザンハイブッシュ系特有のデリケートさゆえ、成木まで行っても安心できず、突然枯れこむここともある。ノーザンハイブッシュ系スパルタンとこの辺は類似しているが、スパルタンは苗木での段階で枯れこむことはほとんどない。

成木になったらなったで、剪定・摘花・摘果作業はかなりの手間になる。理由は前述の通り花芽の数が異常なくらいに多く、花芽の数は5分の1程度まで減らす必要がある(通常は半分程度に減らす)。また開花は2月くらいからドンドン成長して3月に開花するくらい早い。

この農園では、初期に植えた挿木苗は現在は1本も残っていない。その後メリクロン苗(バイオの苗)も失敗。最後の挑戦と考えて、接木苗を導入したら、なんとか順調に生育して枯れることがなくなった。いまのところ接木苗ならなんとかなると考えている。

また、特徴として「常緑性」がある。真冬でも落葉せずにツヤのある濃い緑色の葉っぱがいっぱいで、さながら”ツバキ”に似ている。

 

【収穫期】

オープン2週目から。6月後半を彩る品種。

 

【最後に】

育てることにたいへん神経を使う品種。従って育て方の解説がとても多くなってしまった。かつてはハウス促成栽培の主力品種で、愛媛県などでよく育てられていたが、近年はその気難しさから敬遠され、あまり見かけなくなった。しかしながら果実品質は抜群で、スパルタンと同じように接木苗を使うなどして工夫さえすれば、ぜひ揃えておきたい品種だ。

(1990年 フロリダで発表)

 

前の記事

マル