6

プルノーザンハイブッシュ

香りが素晴らしく、果実品質は優良
収穫時期 6月中旬から7月上旬
果実サイズ
甘味レベル
酸味レベル
育てやすさ
収穫量
栽培開始時期 2006年
栽培本数 40本

【総評】

ニュージーランド3兄弟(レカ、プル、ヌイ)の中で、プルは香りと果実品質が際立っている。上述の点数評価の中に香り、果実品質という項目がないので、点数では表せないが、果実品質としてはトップクラス。ちなみに豊産性で育てやすいレカ大粒のヌイとこの3兄弟はそれぞれが個性的で面白い。このニュージーランド3兄弟の比較は、後述する。

 

【サイズ・美味しさ】

サイズは中粒だが、プルの果実は品質が最高クラス。ブルーベリーにおいて果実品質とは何か?と思われる方のために説明すると果実品質=果実の硬さ、ということだ。この農園の品揃えの中には「柔らかい」品種も多々ある。狩りをして、もいですぐに口にするのであれば、柔らかくても何ら問題はないが、7~10日以上保存したり、輸送したりすると柔らかい品種は品質を保持できない、傷んでしまう。だがプルは硬くて品質が良いのでこの点は問題がない。

美味しさは、ノーザンハイブッシュ系にしては、甘みがあり、特に素晴らしいのは香り。何とも言えない良い香りがする

 

【収穫量・育てやすさ】

収穫量は、多収とまでは言えないが、ある程度の期待はできる。

育てやすさも問題なく、レカほどではないが、長期間にわたり優良品質の果実を生み出してくれる。

 

【収穫期】

レカ、ヌイはオープン週にバッチリはまり主力品種だが、プルは4,5日遅れる。従ってオープン週でもチラホラ食べることはできるが、食べごろとしておススメできるのは、オープン2,3週目。ブルーレイよりは逆に4,5日早く熟す。

欠点として、色づきが悪い。赤みが残ったままで、完全に紺色にならない果実がかなりある。赤みがあるから「未熟で酸っぱい」気がするが、赤いままでも美味しく食べられる。ただ当然、赤みが残ったままだと、お客様も食べないし、店頭売りもできず商品価値が下がる。品種が持つ特性なので解決策は見つからない。

 

 —–(コラム:ニュージーランド3兄弟の比較)———- 

■熟期 レカ=ヌイ→プル(レカとヌイは同時期、4,5日遅れてプル)

■豊産性 レカ>プル>ヌイ

■育てやすさ レカ>プル>ヌイ

■果実品質 プル>ヌイ>レカ

■果実サイズ ヌイ>プル>レカ

同じ兄弟でもクッキリ違いが明確で、個性豊か。

—————————————————————


【最後に】

秀逸なところが果実品質という目立たない点なので、ブルーベリー狩り観光農園では地味な存在。

ただ確実に美味しい果実を実らせてくれる有難い存在でもある。定植して10年以上すると株が弱ってきているので、補強する意味で久々に苗木を定植する予定。

(プル 1988年 ニュージーランドで発表)

 

 

前の記事

サミット

次の記事

ヌイ