6

マグノリアサザンハイブッシュ

程よい甘酸バランスと硬い食感で果実品質良好
収穫時期 6月中旬から7月上旬
果実サイズ
甘味レベル
酸味レベル
育てやすさ
収穫量
栽培開始時期 2016
栽培本数 10

【総評】

樹形があまり美しくないので目立たないが、美味しさ、食感、果実品質、育てやすさのいずれも合格点の優良品種。

 

【サイズ・美味しさ】

サイズは中粒で粒揃い。

美味しさは、甘酸バランスが良く、オニールスタースパルタンほどではないが、十分美味しいといえるレベル。また果実品質は、硬く締りがあり口当たりがとても良い。硬くて日持ちするので、輸送や出荷には向いている。

 

【収穫量・育てやすさ】

収穫量は安定して多い。

育てやすさは、土壌適用範囲が広く、苗木の段階からスクスク育ち、実を付けてからも弱らない、とても育てやすい有難い品種だ。あえて言うと小枝が多く、花芽も無数につくので剪定や摘花、摘果がやや面倒というくらいであとは手がかからない。

育てやすさという点で考えると、サザンハイブッシュ系では、シャープブルージュエル、そしてこのマグノリアの3つが挙げられる。この3品種を「育てやすさ」以外で比較すると、毎年バラつきがなく安定した収穫量が期待できる点と、果実が硬いという果実品質が良好な点をマグノリアは持ち合わせているので総合力では、マグノリアに軍配が上がるのではないか。

 

【収穫期】

ブルーレイの2,3日あと、レガシーサミットの2,3日前。オープン2週目は間に合わないが、3週目4週目の品種。

 

【最後に】

この農園では、導入が遅れてしまったが、上述の通り優良な品種。これから増やしていきたい品種。

(1994年 フロリダで発表)

 

 

 

 

 

次の記事

ミレニア