7

サミットサザンハイブッシュ

大粒で酸味系の美味しさだが、栽培困難
収穫時期 6月下旬~7月中旬
果実サイズ
甘味レベル
酸味レベル
育てやすさ
収穫量
栽培開始時期 2010年
栽培本数 8

【総評】

サザンハイブッシュ系だが、食味や育てやすさなどノーザンハイブッシュ系を思わせるような品種。大粒で酸味がある美味しさだが、栽培難易度は高い。

 

【サイズ・美味しさ】

サイズは大粒の部類に入る。

美味しさは、ノーザンハイブッシュ系に似ていて、酸味がある美味しさ。サザンハイブッシュ系では、この酸味系の味わいはめずらしい。果実品質も良好で、大粒で硬いので食感もよく、日持ちする。

 

【収穫量・育てやすさ】

収穫量は中程度。

育てやすさは、かなり難易度が高い。苗木の段階は、樹勢旺盛で太い新梢が何本も出て、期待感を抱かせる。この勢いで実を付けたとたん、一気に樹勢が弱り、細い新梢しか出なくなり、やがて枯れる。今までこのパターンを何度も見て来た。栽培適用範囲が狭いことは間違いないだろう。
これまで30本近く定植しているが現在は8本残ってるのみ。残っているものは、ほぼ接木苗だ。というわけでサミットは接木ならなんとかなるかもしれない。10年選手の接木サミットが2本あるが、この2本は元気いっぱいでお客様が群がっている。上手く育てれば、人気品種になり得る潜在能力があるが、なかなかうまく引き出せていない。

 

【収穫期】

6月下旬から始まる。レガシーブリジッタと同時期。マグノリアの2,3日後。

 

【最後に】

サザンハイブッシュ系の中では耐寒性があるという情報があるが、その辺でノーザンハイブッシュに似た形質があるのだろう。ただサミットに関連する各種情報が非常に少なくて、不確定要素が多い、当てにしずらい品種といえる。

 

 

次の記事

プル