8月のオススメ品種紹介

オクラッカニー

こんにちは。

ここにしかない極上ブルーベリーの楽園オーナーです。

 

8月に入りました。主力品種も変わります。

そのオススメ品種を写真とともに紹介します。

オクラッカニー

オクラッカニー

ラビットアイ系でありながら 皮が薄く、種のザラザラ感がないとっても上質な果実。 豊産性で味わいも良く、人気の品種です。

バルドウィン

バルドウィン

樹形が横に伸びる傾向があります。 果実は大粒でとても甘いです。 熟気が非常に長く7月下旬から8月下旬まで1カ月以上にわたり楽しむことができます。

フクベリー

フクベリー

日本で品種登録されたブルーベリーです。ピークが9月という前評判に反して8月上旬が食べ頃です。 味は最上位ランクに入ると思います。

ブルーマル

大粒で100円玉クラスもザラにある。 ご覧のようにブドウのように鈴なりになります。 完熟手前は味が落ちますが、完熟すると劇的に美味しくなります。

メンデイト

ブルーム(白い粉)が少ない分、果実が黒色に見えます。 粒は大きくありませんが、この時期の品種としては適当に酸味があり、とても美味しいです。

イチオシ品種です。

 

 

 

 

ラヒ

ラヒ

甘さで言ったらラヒに勝るものはありません。 とにかく甘くて、水がほしいくらいです。甘党には特にオススメします。 粒も大粒で食べごたえがあり、持ち帰る方も多い人気品種です。

ノビリス

ノビリス(T100)

大粒で特大サイズもあります。 完熟手前は少しクセのある味ですが、完熟すると甘くて美味しくなります。