7月オススメ!食べ頃品種紹介

 
 チャンドラー


数ある数あるブルーベリーの中で果実サイズ最大。

500円玉クラスも珍しくない、サイズが大きい分、大味だと思われがちですが、味も一級品。

早い者勝ちですので、一生懸命探して食べて下さい。


 


 レイトブルー


ハイブッシュ系では最晩生の品種。

酸味が特長ですが、酸っぱいという感じではなく、深みのある爽やかな味わいで美味しいです。
 
 ブライトウェル


ブルーベリーの標準品種。米国で最も多く栽培されている


パリッとした食感で歯ごたえもよく、味見かなり滑らかで一般受けする味わい。外れはない。
 

 プレミア


大粒で100円玉クラスもザラにある。

パリッとした食感で、食味はかなり甘い。

 クライマックス


粒はあまり大粒ではありませんが、糖度は高い。


熟期が揃うので、一気に収穫できる
 
 ティフブルー


とても古くからあるクラシックな品種。少々小粒ですが完熟するととっても美味しい。

完熟するまでに少し時間がかかり、完熟前は味が落ちる。
 
パウダーブルー


前述のブライトウェルと兄弟品種でとても良く似ています。

欠点らしいものは無く、食感、食味、香り、どれをとっても合格点。
 





 ベッキーブルー


あまり目立たない品種ですが、果実はとっても美味しく、糖度が際立っています。







→ブログ記事一覧へ